HOME > ABOUT US

WASABEE RECORDSは

音楽というラクダに乗り、シルクロードがそうであったように新しい道をつくり、人と人の心を、地域と地域を繋いでいきます。

WASABEE RECORDSは

東京都青梅市に在り、音楽レーベルと音楽イベントを中心に活動します。

WASABEE RECORDSは

音楽 / アート、自然とその恵みを中心とした西多摩エリアの音楽コミュニティをつくります。
また他地域の音楽コミュニティを「ツナグ」事を目的とし、西多摩エリアそのものも伝えていきます。

WASABEE RECORDSは

その音楽レーベル業務をHoy-Hoy Recordsとの共同作業で行い、青梅のLIVE盤を初め地域のアーティストの作品、あるいは地域と関連したアーティストの作品をリリースして行きます。


WASABEE RECORDSとは

日本の音楽シーンは、主流 / 反主流ともにレコード産業が中心となり躍進してきました。しかし1990年代半ば以降、社会経済構造の変化や伝達メディアの多様化等々により、レコード産業・音楽シーンの斜陽、淘汰 / 解体がはじまっています。

そんな状況下にあっても、アーティストたちは「音楽を続けよう」「生き残ろう」としています。また、これからアーティストを志す人たちも後を絶ちません。そして、レコード / CDが「ヒットする!」「しない!」ということを当初から考えずに50年近く創作活動をつづけている現役の方々もたくさんいます。

そんなベテラン・アーティストたちを生んだ60年代後半〜70年代前半の伝達の場 / 表現の場=お祭り(フェスティバル)。そのなかのひとつに大阪で開催されていた『春一番』コンサートというのがあります。1970初頭から「プロもアマチュアもシーンも関係なく、自分たちの手で新しい道と場所を作ろう!」とした唄(音楽)の祭り『春一番』は現在も毎年、5月の連休に3日間ほどで数千人の人々が集まり続けています。わたしの音楽人生はその『春一番』からはじまりました。
わたしたちWASABEE REKORDSの仲間は、その姿勢と哲学を基本=指針として、地域=<東京都西多摩地域周辺>を中心とした表現者のみなさん、それに賛同してくださる表現者のみなさん、スタッフたちと連携して、音楽イベントを作り、CDを作り、広く伝えて行こうとしています。

音楽産業や社会経済やその他すべてのものの構造が変わろうとしています。
中央集権的=首都(東京)からと莫大な予算でマスメディアを通して全国へ情報を流し、巨大な利益を生む構造から、地域を中心とした自立経済と文化ができはじめています。わたしたちWASABEE RECORDSは『春一番』のような姿勢/哲学を持ち各地域とのネットワークを目指しています。
この方法が、BESTかどうかは判りません!しかし、史実からもわかるように『新しい道を創るには、正しいと信じられることを実践して行く人たちの集合体』が次の道を切り開き、影響し合い、変形し連合しながら、「次のカタチ」「次の時代」を創っていくことは間違いない!との思いで始動いたしました!

我々が住む、西多摩地域周辺では「山葵ワサビ」が日本の生産量の3割程度育てられています。
ワサビが育つには澄んだ美しい水が必要です。その水が生まれるには山や森がしっかり息づいている大自然が必要です!
日本の首都東京の自然環境の最後の砦『西多摩周辺』からワサビが育つような美しくピュアな精神で『人の心と心』を繋ぎ『地域と地域』を繋ぎ『シルクロード』が完成する事を祈って『WASABEE RECORDS』と命名いたしました!

WASABEE RECORDS代表 林 敏明


http://wasabee.asia